本文へスキップ

Jシステム株式会社は共同開発を得意とする鋳造・鍛造・各種流体制御機器の製造販売会社です。

TEL. 06-6772-0820

〒543-0052 大阪府大阪市天王寺区大道四丁目8−16

製品情報 PRODUCTS



製品情報―鋳造品・鍛造品


当社では、お客様が使用される用途・使用環境に応じて
鋳造品・鍛造品どちらがお客様にとって良いかという提案をさせて頂いています。


鋳造品は形状が複雑である・形状が巨大であるといった場合に御提案を、
鍛造品は形状が小さいものである・使用環境が過酷であるといった場合に御提案させて頂いています。

「仕切弁」


流体の流れを仕切る構造で、全開か全閉
即ちON-OFF用のバルブ
配管系で使用されている止め弁(止める目的のバルブ)
として、最も使用実績の多いバルブ

長所:
全開時の流体抵抗が極めて小さい
構造的に大口径のサイズも製作できる
開閉トルクがストップ弁より小さくて済む


「リフト逆止弁」

流体の背圧によって逆流を防止するように作動する弁。
顧客要求に応じ、使用環境に合わせ開閉時の音を
低減させた特殊仕様。

 

「ベローズ弁」

ベローズを用いて外部への漏れを防止する構造のバルブ。
弁棒周りを金属ベローズで密封し、グランド内部(軸封部)に
直接流体圧を加えない構造で、グランド部からの漏れを防止。
外部からの不純物の侵入がないため、高純度流体や
活性・重合性流体の品質維持に適している。

長所:
グランド部の無漏洩
流体の品質維持
エネルギーコストの低減
高真空用に適している
   

「三方弁」


特殊用途で使用される弁
2ヵ所の開閉機能を1台の弁に持つことにより、
漏れの要因を極力排除した弁
   

「継手」


流体継手。
鍛造加工により、漏れの要因を
一切排除した特殊用途継手。

「ストップ弁」


一般に球状の弁箱を持ち、入口と出口の中心線が
一直線上にあり、流体の流れがS字上となるバルブ

長所:
閉止能力がよい。
絞った状態で(半開)使用できるので流量の
調整が可能である。
鋳物で作成する場合大型の物が作成可能である。


製品情報―共同開発品


   

「ボール弁」

弁箱の中で、孔の空いた球体の弁体が、弁棒を軸に回転して
流路を開閉するバルブです。
弁体には、全面球と半面球とがあります。流路が一直線なので
全開時には流体抵抗が小さい利点があります。

接続部のフランジの形状を変更出来ないかとの顧客からの
要望を受け、製作した品です。
 

「フレキシブルチューブ」

柔軟で自由時際に曲げることが出来るパイプのことを言い、
水道・ガス配管から工業用配管、真空配管用等に
使用されています。
   

「特殊バルブ(三方弁)」

流体に蒸気を使用することを想定して開発した製品です。
弁を中間開にすると、カップ内に蒸気が排出されますが、
カップが高温蒸気のカバーとなり、手動にてバルブ操作時に
やけどをしない設計になっています。
また、弁を全開にすることにより、バックシート構造により、
カップ内の流体は閉止されます。
   

「鍛鋼弁」

本体材料は耐食性、機械的強度の強い炭素鋼を使用。
「高温・高圧用バルブ」及び「高圧ガス設備用バルブ」
大手重電メーカーの依頼にて開発。
発電所向けという用途での納入実績があります。

バナースペース

Jシステム株式会社

〒543-0052
大阪府大阪市天王寺区大道四丁目8−16

TEL 06-6772-0820
FAX 06-6772-0821